« 「心」 それは、幸福と楽しみをつくるもの | トップページ | 心をコントロールする生き方の基本 »

2006年4月29日 (土)

心の動き

「心はとらえ難く、軽々とざわつき、欲するがままにおもむく。
 その心はコントロールした方がよい。
 よくコントロールした心は、安らぎをもたらす。」

                       (『法句経』第35偈より)

 昔の私を知っている人は、時として短気でヒステリックな面が私にあることを知っている。死語になっているかもしれないが、マッチポンプという変な言葉がピッタリ、すぐに顔や態度に出ていたらしい。しかも相当な毒舌まで吐くので、当時の上司や部下や同僚、友人達にはイヤな奴だったに違いない。気に入っている者には優しい反面、それ以外には攻撃的ですらあった。
 自らを省みれば、その原因が、ちょっとした他人の言葉にも簡単にざわついて、コントロールできなくなる私自身の心にあったことが、今なら分かる。態度に出す前に、口に出す前に、ちょっと間をおいてみよう。考えてみるのではなく、時間を一瞬でもおくだけでいい。瞑想は、一瞬でもできるようだ。座禅をしなくても、自分を離れ、他人を離れて、客観視することができる。突風が過ぎ去った後には、意外と冷静になれる自分の心が見つかるはずだよ。



合掌 観学院称徳
http://buddha.kangakuin.info/

|

« 「心」 それは、幸福と楽しみをつくるもの | トップページ | 心をコントロールする生き方の基本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「心」 それは、幸福と楽しみをつくるもの | トップページ | 心をコントロールする生き方の基本 »