« 2006年5月 | トップページ

2006年6月17日 (土)

人生をありのままに受けとめる


「この世における人々の命は、定まった相(すがた)なく、
 どれだけ生きられるか分からない。
 惨(いた)ましく、短くて、苦悩をともなっている。」

          (『スッタニパータ』第574偈)


人生には、苦が伴う。お釈迦様が最初に気付いた問題意識です。
「一切皆苦」~生を受け、生きているということは苦に充ち満ちている。病み、老い、そして死んでいく。「苦」とは、一時的な身体的苦痛を言うのではありません。もっと根源的なものです。老病死、どれも避けがたいものでありながら、いつまでも若いままでいたいと思う、健康でいたいと思う、生き続けたいと思う、それがかなわないから、何で生まれてきたんだ、生まれない方がよかったのにと、「生」そのものも苦と思う。そうなんです。苦の本体は、実は「思い」なのです。「諸行無常」~すべて形あるものは常ならず、移り変わる。生じたものは必ず滅びる~という自然の真理(摂理)とは異なる、人の希望的な思いです。しかもそれは命あるものにとって根源的な思いです。それは思い通りにはならないものであり、欲するようにならない、願うようにならない、避けられない、だからこそ「苦」なのです。

お釈迦様の説いた解決法は、四聖諦(四つの真実<ポイント>)。
その第一が、

「一切の形づくられたものは苦しみである」と正しい智慧をもって観ると、人は苦しみから遠く離れる」 (法句経第278偈)

1.苦諦=生きることは苦である(一切苦の認識)
ですが、それに続くのが、
2.集諦=なぜ苦が生まれてしまうのか(苦の原因探求)
3.滅諦=苦はどうすれば無くせるのか(苦滅尽の境地) 
4.道諦=苦を無くすには八つの道(方法)がある。(八正道)
なのです。本日はここまでにしておきましょう。



合掌 観学院称徳

下記のサイトでは毎日記事を更新しています。
お立ち寄りくだされば幸いに思います。
http://buddha.kangakuin.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ